キラキラと、まっすぐに。

重岡担がのんびり書きます。

ジャニヲタ、大学受験を振り返る

読ませていただきました。

 

rocktheworld.hatenablog.jp

 自分の受験シーズンが走馬灯のようによぎりました。というか毎年センター試験の日・国公立大学受験日・国家試験の日になるとさぁーっと昔を思い出し、あの日こうだったらどうなっていたんだろう、でも今も全然悪くない、と思います。

もう8年も前なのに、本当に毎年。

そんな感じだから記事を拝読しているときもちょっと涙目でw

自分の中でおもひでぽろぽろになってしまったので書き起こしてみました。

< 高校1年生 >

私が櫻井翔くんに落っこちたのは高校1年生の秋。

ジャニーズなんてKAT-TUNもよく知らなかったのに、Happinessをみて、なにあのイケメン!!!と落ちました。*1

先程の記事の方と同様、地方ジャニヲタでした。

Happinessと書いているようにこれ2007年の話なので、スマートフォンTwitterなんてもの存在しないwww

当時はガラケー・ブログ文化だったので嵐が出る番組を教えてくれるブログを毎日チェックし必死に録画予約し、NEWS担の友達に切り抜きをいただいたりしながらじみーーなヲタクやっていました。

 

<高校2年生>

ぼんやりと志望学部が決まり、んじゃ理系で。と理系にすすんだ。

 

    物理ができないヽ( ゚∀゚)ノパッパラパー

 

何の問題にどの公式を突っ込んだらいいのかがそもそもわからん(重症)

いや、苦手なのは1年のときから察してたけど!!

どんどん難しくなっていく物理に私が追いつかない(・ω<)

一番得意は英語、化学で、一番苦手は物理だった。理系であってはいけない人間

だがやるしかない。夏休みは得意科目は放置し、数学化学物理漬けで毎日閉館するまで図書館に引きこもり、塾に行き、嵐のカレンダー*2に予定表・進捗状況を全て書き込んで問題集を解きまくった。

開くたびに自担の顔が拝めるものに計画表を書き込むの、大事。(真剣)

だって、開きたくなるから。

 

うん、物理は大きくは伸びなかったけど( ´ー`)フッ

 

そしてこの頃待望の嵐FC入会\(^o^)/

今となっては1桁違う27万台ww

入ってしばらくしてから初国立のお知らせが届き、行きてーー!!となって母の「じゃ、行けば。」の軽い一言で本州の端っこから東京までコンサートのためだけに一人で飛行機で行かせてもらえる。

今考えると行かせる母すごい

これがまさかのアリーナ花道横で、DVDにも映り込む |ω゚)チラ

相葉さんを数m先で見て腰細すぎてまぶしい!と思っていたらすぐ目の前でお手振りしながらリフターで天に登っていかれた。

相葉さんは本物の天使だった⁽⁽ଘ(*‘◇‘)ଓ⁾⁾

本当にキラキラが詰まった空間でした。高校生で最初で最後の現場。

 

冬ぐらいから真剣にどこ大学に行くか考え始める。ここで条件があった。

1.国公立 2.現役 3.都会 (優先度順に)

気持ち的にはとにかく都会に行きたかった。

だって現場にすぐいけるし何ヶ月も前から飛行機とらなくていいし番協にもいける。

田舎はなんにもありゃしないし、服の買い物だってお隣県まで行っていた。

こんな野暮ったい制服をさっさと脱ぎ捨てて実家からも遠く離れて花の女子大生生活をなんとしても手に入れたかった。

そしてこの頃からエイトの沼にも片足突っ込む(突然)

いやー、バーターの影響って怖いね!

嵐を見てるはずなのにいつの間にかきれいに刷り込まれていくあの感じ!!( ´◡` )←

よし、進学先は神戸٩( 'ω' )و☆

まじ、単純。

東京の国立はさすがに厳しい→エイトも好きになってきた→関西住んでも絶対楽しい→あの空気感一生は無理かもだけど(オイ)学生時代は住んでみたい

→結論:なんかおしゃれっぽいし、神戸 でした。

なんちゅう、単細胞。

いや、目標決めるの大事だからね!笑

どんな理由でもとりあえずモチベーション上がるし!

あとは努力のみ。

自分を鼓舞するために、元気が出る亮ちゃんの言葉を机の横に貼ったりしてた。

本当にあの頃は若かった(遠い目)

 

<高校3年生>

春の時点でレギュラーをみることすら母から冷たい目でみられるようになり、ちょっとギクシャクするw

苦手をとにかく潰すために8時学校到着を7時にするために6時の電車に乗ってほぼ毎日数学の先生に部分点の取れる書き方から解き方まで聞きに行った。

 数学の、部分点、大事!!

いらない科目の授業では物理を解き、体育の時間でストレス発散。

スポーツも好きだったからクラスマッチも決勝まで本気でやる。

ラジオでヨコヒナレコメン全国ゾーン聞いてニヤニヤしながら勉強。

帰って疲れたら早めに寝る。寝坊はしない。

母の目を盗んで宿題くんを見る(必死過ぎ)

このへんを徹底しました。

でも秋になっても少し厳しかった。

無理、じゃないけど、今は微妙。というライン。

ここでダメだったときを考えるべきだったけど、なんか現役の余裕の無さとこれからも伸びるはずという気持ちで考えなかった。逃げ道をつくりたくなかった。

嵐10周年コンサートが当たり、行きたくてたまらなかったけど、秋にコンサートに行っていいか悩み、結局行かず、何故か母とその友達が行った(ぇ

来年も嵐は来る、私は来年大学生、と言い聞かせ、毎日嵐とエイトを聴き、カウコンは隠れてワンセグ視聴(母を恐れすぎな件)

 

<とうとう、センター試験

2010年センター試験、理系惨殺( ゚∀゚)・;'.、グハッ

当時で理系平均点史上最低を記録し、全国の理系阿鼻叫喚。

いやもうこれが私の分かれ道でした。未だに人生最大の分かれ道だったと思う。

私は5教科7科目で、平均点ガッツリ下がった不利な科目ばかり受けていて。

とはいえ、なぜか物理含め苦手科目は今までで一番良くて、でも総合すると目標にはわずかに届かず。

なぜか、最後だけ92点というスーパーミラクルを起こした物理(´・∀・`)

翌日のクラスの雰囲気は最悪でお葬式状態ww

ここでさっきの条件の選択を迫られます。うまくいかなかった現実があると話が変わってくる。

  国公立>現役>>>都会

とりあえず志望学部の学生になりたい。浪人は嫌だ。もう受験勉強なんて1ヶ月しかしたくない。

二次試験で挽回可能な範囲だったけど神戸をチャレンジする勇気はなく、逃げた。

確実に国立・現役を全うすることが最重要課題になった。

ダメだった場合をつくっていなかったのでなかなか受験校が決まらず、ギリギリまで数校で迷い、受験票は速達で出すレベル。

その後受験までは泣きながら寝ることもあったり、食事量が減って数kg落としたりとちゃんと勉強は継続したけど精神面がボロボロで、もうあの1ヶ月には二度と帰りたくないwww

結局前期で地方国立の志望学部に受かり、都会には行けませんでした。

でも大学生になるんだ、ジャニヲタ楽しむんだ、現場に行くんだ、という気持ちと学校の友達がいたからちゃんと合格できました。

 

大学生活は田舎で番協もなかったけど、友人に恵まれ、勉強に追われ、ゆるヲタを楽しみ、突然重岡くんにはまり(!?)、最終的に高校生のときから目指していた国家資格の免許もきちんととれました。

あ、1回だけ重岡くんの番協にはいけたので、

時間と金と運があれば地方ヲタクも一応番協はいけるぞ。

その後就職も東名阪ではないけど都会ででき、なりたかった職業につけ、現状には満足しています。

 

今でも、あのときすべてが上手く行って神戸に進学できていたら、私はどんな大学生活を送って、どこに就職していたんだろうって考えることがあります。

もしかしたら重岡くんをJr.時代から追っかけて松竹座に通いつめてたかもしれないし、他が楽しすぎてヲタクなんてやめてたかもしれない。

目標の大学という意味ではうまく行かなかったけど、目標の資格をとったという点では別のルート(大学)で同じゴールに辿り着き、高校2年生3年生の時期は人生で一番必死に取り組んでいた時期だったから本当に頑張ったと思えるし後悔してません。

 

受験生の方、これから受験がある方。

受験って努力の要素も運の要素もあります。

私はセンター試験が大きな曲がり角で、進む道が少し変わりました。

未来なんてさ、すぐに変わる 変えてみせる from:サクラ咲ケ

頑張ってても変わっちゃう場合もあれば、頑張って変えられる場合もあります。

20代中盤になって感じるのは、高校生の時期ってほんとに勉強も遊びも友達関係も一番楽しくて全力な時期でした。おとなになりかけで、誘惑も多い時期。

でも将来がある程度決まる大事な時期でもあって。

後悔のないようにがむしゃらに頑張ってください。

なにかを我慢して目標に進むことも大事、息抜きも大事。

でも、少し道が変わっても悪いことばかりじゃありません。

てくてく歩く 道をゆく

どこに進む道なのか そんなの道々考えよう

もしも行き止まりなら 壁をうんしょと越えればいい

戻れない 道はない 今日も進もう     (from:道 by嵐)

 

今年受験が終わった方は2,3月の合格発表で沢山サクラが咲きますように。

 

 

 

<関係ないあとがき>

書いていて櫻井翔が自担になって10年弱がたつなぁとしみじみしました。

翔くんは25歳から35歳になり、高校生だった私は、青春を嵐と過ごし、受験を終え大学生になり、ゆるっと掛け持ちヲタクしながら社会人になってあくせく働いています。

そして櫻井翔くんにお相手がいて、もしかしたら、ですが将来的に結婚する??かもしれないとわかった今日。

もともと彼女の有無はあまり気にしない私でも少しさびしい気もするけど、綺麗事じゃなく、翔くん、おめでとう。

これからどうなるかわからないけどファンを含めたくさんの人の活力になって幸せにしてきたんだから、幸せになってほしいな。

 

*1:過去記事(ジャニヲタになったきっかけ)参照

*2:2008年ダイアリー。大量に書き込んでました。今でも大切にとってます。